ビハキュア成分|副作用はあるの!?配合成分を徹底的に調べてみた。

ビハキュア成分|副作用はあるの!?配合成分を徹底的に調べてみた。

ビハキュアといえば

  • シミ、そばかすなどに効果が期待できる
  • 無添加で敏感肌の方でも使用できる

芸能人の相田翔子さんも愛用してるなど人気の薬用美白クリームです。

 

 

そんなビハキュアですが

 

「副作用」はあるの?

 

と気になったりもします。

 

さらに言えば

 

どんな成分が配合されてるんだろう?

 

なども気になります。

 

今回はビハキュア成分を徹底的に調べていきたいと思います。

 

この記事は・・

  • ビハキュアに副作用があるのか気になってる方
  • ビハキュアの安全性やどんな成分が含まれてるのか気になる方

こんな方におすすめです。

 

ビハキュアには副作用は一切ない

 

ビハキュアは医薬部外品として厚生労働省に認められている商品です。

 

さらには

 

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

 

として配合成分の効果・効能が認められています。

 

医薬部外品とは
厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。[治療]というよりは[防止・衛生]を目的に作られています。

 

引用元/KAO/URL:https://www.kao.com/jp/binkanhada/ingredient_01_01/

 

医薬部外品として厚生労働省に認められているビハキュアは副作用の心配はいらないという事ですね

 

成分の安全性は大丈夫?

 

ビハキュアには

  • 香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • パラベン
  • アルコール
  • 紫外線吸収剤

などは含まれてなく無添加で作られています。

 

そして、敏感肌の方でも安心して使用できると公式サイトにも記載されてます。

 

敏感肌や湿疹がある肌でも使えますか?

肌に余計な負担をかけないため、6つの無添加(※)にこだわりました。

 

乾燥肌や敏感肌など肌トラブルをお感じの方にもお使いいただけますが、

 

使用中や使用後に異常が現れた時は、使用を中止し、皮膚科専門医等へご相談されることをおすすめします。

 

傷、はれもの、湿疹等異常のある部位にはご使用にならないでください。

 

※香料・着色料・アルコール・紫外線吸収剤・鉱物油・パラベン

引用元/ビハキュア公式サイト/URL:https://shizen-labo.jp/items/bihacure/faq#nav

 

それでも心配という方には使用前のパッチテストがオススメです。

 

私が実際に行ったパッチテスト方法

  1. ビハキュアを適量、ガーゼもしくは絆創膏に塗ります。
  2. 塗ったガーゼもしくは絆創膏を二の腕の裏に貼ります。
  3. 丸1日〜2日間放置した後、ガーゼもしくは絆創膏を剥がします。
  4. 貼ってあった二の腕の裏にあかみやかゆみが無ければOKです。

 

 

>>>ビハキュアを7,000円OFFで試してみる

 

配合成分を徹底的に調べてみた

 

成分名 期待できる作用
トラネキサム酸 色素沈着抑制作用、抗炎症作用
アルブチン 色素沈着抑制作用
BG 保湿作用
濃グリセリン 保湿作用
カルボキシビニルポリマー 増粘作用
水酸化Na 増粘作用
スクレロチウムガム 皮膚コンディショニング剤
フェノキシエタノール 抗菌・防腐作用
スクワラン エモリエント作用
メドウフォーム油 エモリエント作用
トリエチルヘキサン酸グリセリル 感触改良
セテアリルアルコール 感触改良
ベヘニルアルコール 感触改良

ラウロイルグルタミン酸ジ
(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)

エモリエント作用
ジメチコン 感触改良
セスキオレイン酸ソルビタン 乳化
SEステアリン酸グリセリル 乳化
ステアリン酸POE(20)ソルビタン 乳化
水添大豆リン脂質 乳化
天然ビタミンE 抗酸化作用
グリセリンエチルヘキシルエーテル 保湿作用
グリセリン脂肪酸エステル 乳化
ピロ亜硫酸Na 酸化防止剤
1,2-ペンタンジオール 保湿作用
アロエエキス-2 保湿作用、抗酸化作用、抗老化作用
酵母多糖体末 皮膚コンディショニング剤

グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)
カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体

抗酸化作用
ウメ果実エキス 保湿作用
チンピエキス 抗炎症作用、血行促進作用
シルバーバイン果実エキス 血行促進作用、抗酸化作用、エイジングケア

 

成分を1つ1つ調べた結果

  • 色素沈着抑制作用(シミ、そばかす対策)
  • エモリエント作用(シワ対策)
  • 抗炎症作用(ニキビ、肌荒れ対策)
  • 保湿作用(乾燥対策)
  • 血行促進作用、抗酸化作用(エイジングケア)

などの成分がしっかりと含まれており

 

効果が信頼できるだけの成分が配合される事がわかりました。

 

 

トップへ戻る